美容整形の求人を見てチャンスを活かした経験

容姿を良くするため

自分の容姿を良くするためとはいえ、体にメスを入れることに抵抗がある人は多いでしょう。
コンプレックスを解消したいという気持ちを理解して、優しくサポートしてくれる存在が必要です。
それが可能なのは心理学に精通しているカウンセラーに他なりません。
そして、その役割なら自分の歩むべき方向性とマッチすることが分かり、何としても心理学部で学びたいという思うようになりました。
その願望が叶って無事入学し、4年間を使ってノウハウを吸収しました。
そして、新卒の就職活動において、美容整形求人に応募することになります。
もちろん志望していた職種はカウンセラーですが、たいていのクリニックでは実務の経験を求められます。
自分は経験が皆無なので門前払いされても文句はいえません。
実際、書類選考で連敗が続いたという苦い思い出もあります。
心理学専攻の自分の心が折れそうになるという稀な経験もしました。
しかし、未経験でも採用してくれるクリニックがあり、すべての命運をかけて応募したのです。
採用されたとしても、しばらくは見習いとして先輩カウンセラーの手伝いをしなければなりません。
しかし、経験を積めるという点が自分にはとても魅力的に思えたのです。
そこである程度働けば、少なくとも未経験者という扱いは受けなくなります。
これまで断られたクリニックでも雇ってもらえるかもしれません。
そういう打算が合ったことも確かですが、できればそこで働き続けたいと思ったことも本心です。

美容に興味がある / 容姿を良くするため / レベルアップを目指して熱心に従事